投稿

【ダイエットコラム】Vol.18 今話題のHMBって何なの?

【今話題のHMBって何なの?】

こんにちは! 3RE≡BODYです(^^)

HMBは必須アミノ酸のロイシンが体内で変換されてできる代謝物質のことをいいます。

摂取することで筋肉のタンパク質合成増大と、筋肉の分解抑制に効果的とされています。

ですから、いまダイエットサプリでHMBをうたってるサプリは沢山ありますね。

HMBですが、筋肉に効果的な量とされているのが1日あたり3gほどです。それ以上でもそれ以下でも良くないと言われており、実際に3gを毎日摂取した方が効果が出るという実験結果も出ているらしいです。

これに関して個人的な意見としましては、トレーニングが趣味や健康維持したいという方は3g程度、アスリートは運動強度により摂取タイミングをはかれば3g以上とっても問題ないと思います。

ただこの3gのHMBを体内で作り出すためには、必須アミノ酸ロイシンを60gも摂取しなければならないため、HMBを直接とった方が効率がいいとされてます。

また、ダイエットをすると筋肉が落ちてしまう可能性がありますが、HMBを摂取することでタンパク質の合成促進、分解抑制に効果があるため筋肉は落ちにくきなるといえます。

そう考えると、HMBはダイエットに適しているサプリと言えると思います(^^)

【ダイエットコラム】Vol.16 脳は日常を保とうとする

【脳は日常を保とうとする】

こんにちは!3RE≡BODYです(^^)

当ジムは、まずダイエットをする際に集中的に2~3ヶ月かけてトレーニングと食事指導を行いダイエットをしていくプログラムですが、、、

正直このプログラムの欠点は、早く痩せる=早くリバウンドしやすいという事です。

プログラムを批判し、欠点を言ってしまうのは当ジムぐらいでしょう笑。

早くリバウンドしやすいのはなぜかというと、人は恒常性を保とうとする働きがあります。それは脳の原理として仕方ないことなのです。

恒常性を保つということを分かりやすくいいますと、ちょっと解釈は違うのですが「元の日常に戻そうとする働きが強い」と言った方が分かりやすいかなと思います。

短期集中でダイエットしているわけですから、それだけ元のダイエット前の体に戻そうとする働きも強いのです。

そうなる前にやることは、トレーニングを続け体重を維持させることです。しばらく維持できれば、脳がその体重を日常として認識してくれます。

コラムを読んでいただけると前回からの「ダイエットを続ける」ということがダイエット成功するために必要だとお分かりいただけると思います。

ダイエット成功への一歩は、「続ける方法を考えること」の次に「維持すること」なのです。

【ダイエットコラム】Vol.15 パーソナルトレーニングを続けるために。

【パーソナルトレーニングを続ける為に】

こんにちは 3RE≡BODYです(^^)

vol.14では、予約することもダイエット続ける方法として取り上げました。

またまた続きになります。

予約すること以外にも、続ける為には考えないといけないこともあります。

私はパーソナルトレーニングというものをダイエットを続ける方法として考えた際に、「予約をして強制的にいく環境を作る」他にも下記の点も続ける方法として考慮しないといけないと考えてます。

①続けるための費用が見合っているか。また、費用を継続的に支払いが出来るか。

②予約をして通うとした時に、仕事をしながらそのジムまで通うことができる範囲か。

③トレーニングによる肉体疲労と仕事のバランスが保てるか。

④トレーナーとの信頼関係が築け、ダイエット成功に向けて満足したトレーニングを受けれるか。

この4点も加えて考えなくてはなりません。

①に関しては、やはりパーソナルという商品を買うのと一緒でお金がかかるので、継続的に無理なく続けれるかが重要かなと思います。

②、③に関しては仕事と体のバランスが取れなくては続けていけないと思います。最初は新しいことを始めるため体はつらいと思いますが、無理しない範囲でトレーナーと相談すれば問題ないかなと思います。

④に関しては、トレーナーとの信頼関係や満足いくトレーニングが受けれれば、「トレーナーと約束してるから行かなきゃ」「トレーニングするとスッキリするから行きたい」など、行くための理由ができます。また、停滞して苦しい時も「トレーナーも自分のために頑張ってくれてる」と踏ん張ることも出来るでしょう。

①~④がクリアできるのであれば、ダイエットを続けるという方法として、パーソナルトレーニングはすごくおススメだと思います。

【店舗の日常】新しい食事ガイドラインが出来ました!

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ、スリーボディです!

9月より、新しいお食事のガイドラインをリリースしました(^^)

旧ガイドラインは、何枚もの紙でかさばっていましたが、新ガイドラインはすっきり三つ折りパンフになりました(^^)

食材リストなどがすぐ分かるようになっていて、更に三つ折りパンフなので冷蔵庫とかにも貼れるように、工夫して作ってます(^^)

更にウェブガイドラインもリリースしました( ´ ▽ ` )ノ!!

詳しいガイドラインと食事に関する様々なコンテンツをアップしていきます★

これはご入会された方だけのお楽しみです*\(^o^)/*

【ダイエットコラム】Vol.11 大根おろしの効能!

こんにちは!スリーボディです( ´ ▽ ` )ノ

今回は大根おろしの効能について書きたいと思います(^^)

実は、焼き魚の隅にちょこっと置いてある大根おろしですが、ただ無意味にいるわけではありません(;´Д`A

大根にはアミラーゼ、オキシターゼ、イソチアネート、ビタミンCという成分があるのですが、、、
その中で、アミラーゼは糖質の分解を行う働きがあり、胃腸の調子を整えて胃もたれや胸焼けの緩和や、便秘の解消に効果があると言われています( ´ ▽ ` )ノ
オキシターゼはタンパク質や脂質の消化を助ける働きがあり、イソチオシアネートは大根の辛味で代謝を活発にする燃焼効果、活性酸素を体外に除去するデトックス効果があります。ただこの成分は熱に弱いです(T_T)。
またビタミンCも豊富に含まれており、水分も沢山あります。
このような沢山の効能があります。お皿の隅にただ置いてあるというわけではないんですね(^^)
焼き魚との相性もバッチリです。

ただ、この大根おろしを食べる場合はおろしたてが一番です。10分以上経過すると徐々に栄養素が劣化していきます(T_T)。
大根は丸ごと一本ですと糖度は高いですが、少量や大根おろし程度なら全然大丈夫です(^^)

みなさん、おろしたてを食べてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

【ダイエットコラム】Vol.10 お客様考案コンククスをご紹介!

こんばんは!スリーボディです!お客様が珍しい料理を作られていて掲載の許可を頂いたのでご紹介します(*^^*)

もちろん、糖質控えめの料理ですので是非参考にして頂ければ幸いです(^^)

韓国の夏の麺料理 コンククス(糖質控えめver)の作り方をご紹介致します( ´ ▽ ` )ノ

<コンククス 作り方>

①豆乳と豆腐半丁をミキサーにかけて

②ククスの麺の代わりに豆腐そうめんを器に入れ

③①を投入、胡瓜とキムチをトッピングします。基本味は特にキムチ食べながらなんで付けませんが物足りない人はお塩をフリフリしてOK!

④ゴマをまぶすと風味も出てGOOD!
冷たくて食欲がない時にも美味しいです。
おヒマな時に是非作ってみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

【ダイエットコラム】Vol.9 無理のないお食事指導とは?

おはようございます!スリーボディです!

最近では、ダイエットジムのお食事指導に関しバットイメージがつくような話を聞きます。
それは、あまり知識のないトレーナーによるお食事の指導内容が、

①量がかなり少ない・・・
②カロリーなども制限がある
③夜とかプロテインだけ
④かなり食事内容が厳しい

⑤食事内容が決められている(胸肉200g食べてくださいとか)

というような内容で、どれも耐えきれずやめてしまったという方が多いようです。

もちろん、当ジムにも「前に行っていたジムで失敗して、お食事が頑張れるかが心配です」というようなお客様からのご相談などをうけます。

もちろん、減量する為にはある程度の食事管理と努力は必要となりますが、上記のような指導内容では結果的に健康的に減量することも出来ないです。

なぜなら、人は食べる事でも代謝をするため、①〜③のように量が少なくなるということは代謝が下がり、一時的に減量できても、すぐに停滞してしまいますし、代謝が下がっている事で維持などが難しくなります。

④〜⑤の厳しい食事内容では、栄養の偏りが出てしまい、最初に痩せた時と同じ物を食べ続けているはずなのに痩せないということや、体調不良などをおこす場合があります。

更に、あまりに厳しいとストレスがかかり、逆に痩せないなんて事もありますね。

お客様は十人十色でもあり、一人一人向いている食材なども違いますので、それを見極めてアドバイスするのも私達の役割です。

成功例として、どんなものを食べているか2人の方のお食事を特別にアップしたいと思います。

①北川みき(仮名)さん

(体重-10kg・体脂肪-12%)

②野本良美(仮名)さん

(体重-9kg・体脂肪−9%)

【ダイエットコラム】Vol.8 ダイエットとお水

こんばんは!スリーボディです!

今日は、水分補給についてです。

忙しいと、とたんに水分補給を忘れてしまいがちなので、摂取の目安をお伝えします(o^^o)

運動中、一度にたくさんの水分をとるとお腹が痛くなったり、体がだるくなってしまうことがあります。調べてみたところ、30分以上スポーツをする場合は、こんな目安で水分補給をすると良いようです。

【水を飲むタイミングと量】
・運動を始める30分前に、250~500mlを何回かに分けて飲む
・運動中は20分~30分ごとに一口~200ml程度を飲む
・運動が終わった後は減った体重分を補うように何回か分ける

【気をつけておきたい点】
・のどが渇いたと感じる前に水分補給をする
・飲み物の糖分濃度に注意し、必要に応じて水で薄めて飲む
・飲みすぎは消化器官に負担をかけるので、適時適量を心がける

見落としがちですが、水泳など水中でのスポーツでも、汗をかいています。水分補給を忘れずに行うことが大切です。

【ダイエットコラム】Vol.7 ダイエットと停滞期その2

こんばんは!スリーボディです!

今回は前回の続きをご紹介します。

では、どうすればリバウンドをしないのか?
ポイントを3つ上げてみます。

①食べ過ぎたら翌日にコントロールする
飲み会や付き合いで食べ過ぎ、飲み過ぎることは仕方のないことです。そんな「食べ過ぎちゃった」ときは、その翌日と翌々日での調整がポイント。2~3日単位でケアして、リセットしてあげればリバウンドはしません★

②見た目と数字を意識して防ぐ!
ダイエット中&ダイエット後に気になるのは体重などの数値の増減です。毎日体重計に乗って数値を意識しましょう!それにプラスしてボディラインなどの変化を意識したり、その体を人に見られていることを意識してみるとおのずとキーズしようとするのでリバウンド防止になります。

③運動こそ一番の健康的なリバウンド防止法!
リバウンド対策の最高の方法は、運動を習慣にしてしまうこと!これが一番です。食べたら運動!!毎日続けられるエクササイズを見つけましょう!

ダイエットに成功したら・・・
これらを意識して今の肉体をキープし続けられるように・・・

頑張りましょう〜★!!

【ダイエットコラム】Vol.6 ダイエットと停滞期

こんばんは!スリーボディです。

せっかく苦労してダイエットしても、ふと気づけば体重が元に戻ってしまう「リバウンド」。

なぜリバウンドしてしまうのか、その原因をご紹介したいと思います\(^o^)/

<原因1 ホメオスタシスと停滞期>

ある時期になると体重が中々減らなくなる、、これを「停滞期」というんですが、

これは「ホメオスタシス」という体の機能によるもの。痩せていく体に対し、これはマズイと体の状態を維持しようとするんですね。

これは以前私がFBにてアップしたので覚えてる方も多いでしょう(^^)

<原因2 レプチンの量と満腹感>
「レプチン」とは、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質です。

ダイエット中に食事を減らしていると、レプチンの分泌量が減ってきます。

つまり満腹を感じる物質が減るということ。

そしてダイエットをやめて食事量を戻すとレプチンの量も増えるのですが、

適正量に戻るためには、約1ヶ月の時間がかかるため、1ヶ月間は満腹感を得られず、かえって食べ過ぎてしまうのです。

長くなりそうなので、どうやって防げばいいのか?は次回にします(^^)